まちづくり勉強会

まちづくり勉強会の開催経緯

横浜市栄区の上郷・瀬上・猿田地区の地権者82名が集まり、田畑や樹林地だった土地、約32ha(東京ドーム約7個分)に、都市計画提案制度を利用して新しい「まちづくり」をすることを考えました。

この地域にふさわしい「まちづくり」とは何か、より良いまちとするためにはどうしたら良いかと議論を重ね、市民の大切な財産である里地・里山の景観を残したまま、「森とつながるコンパクトなまちづくり」を行うことを提案しています。

里地・里山の緑地として、事業提案区域の約7割(東京ドーム約5個分)を保全する計画で、残りの3割(東京ドーム約2杯分)を使ってより良い「まちづくり」を行うことを考え、月1回程度の勉強会を開催しています。

(※都市計画提案制度:土地の所有者やまちづくりNPO等あるいは民間事業者等が、一定規模以上の一団の土地について、土地所有者の3分の2以上の同意等一定の条件を満たした場合に、都市計画の決定や変更の提案をすることができる制度)

Topics

里地・里山は手入れをすることで自然が守られます。
緑地として保全する計画である谷戸エリアについて、自然環境を守る活動を定期的に行っています。
谷戸のオギ原再生のために草刈を実施しました。

 

2017年9月7日 横浜市長に陳情書を提出いたしました。>>資料はこちら

 

2017年9月までの環境保全活動状況

環境保全活動状況

 

 

 

まちづくり勉強会・実施報告

2017年07月26日
第30回まちづくり勉強会『上郷猿田地区のブランドづくり』その2

「栄区の”官能都市ランキング”」で、かなり高い評価:全国で50位、横浜市でNo.4/この評価が絶対ではないが、この+評価を”ブランドイメージ”に生かせないか?/ …

2017年06月29日
第29回まちづくり勉強会『上郷猿田地区のブランドづくり』

住宅地のブランドイメージづくり/これからの”ブランドイメージ”の形成に向けて/地域社会再生のモデルとしての上郷猿田地区の狙い目

2017年05月24日
第28回まちづくり勉強会『大人のための住教育』

国土交通省土地・水資源局/京都大学における研究/東京都千代田区の再開発事業での取組

2017年04月26日
第27回まちづくり勉強会『小さな拠点』のコンセプトによる上郷猿田のまちづくり貢献

『小さな拠点』とは何か/超高齢化と人口減少の地域社会対策の先回り戦略/住民参加のエリアマネジメントの先行事例

2017年03月22日
第26回まちづくり勉強会『大人のための住教育』

持家双六/「持家双六で”住む”の芽がでたあなた」/「持家双六で”住まない”芽がでたあなた」/「新しい住宅の活用事例」